中学英語

中学英語が専門になってきます。その一段階として、単語です。

しかし、単語のスペリングは中学生1年生にとって新鮮です。

日本語とは違う言語を学ぶので、新鮮に感じるのでしょう。

同時に、その習う単語の量が多くなってくるので、負担感を感じ、次は、英語嫌いが始まります。

 

英語が嫌いにならないためには

アルファベットを大文字、小文字を必ず覚えましょう。

そうすると、英語嫌いの最初のステップは簡単に乗り越えています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました