こどもの可能性についてのブログ

こどもの可能性についてのブログ

こどもの可能性についてのブログ

塾の学習は、通常の学校の5教科。

土曜英検講座は、英検取得を目指すための英語学習。

 

普段の学習から彼女は、英語がとても得意ではありません。

そんな彼女ですが、英検の学習では、5級を受講しています。

 

英検を受験したことがないので、5級からのスタート。

 

英語が得意ではないのですが、英検の学習では、ポンポンと進んでいます。

5級だからというのではなく、英語の発音もとてもスムーズです。

問題もスイスイ解いていく。

あれ?英語はそんなに得意ではなかったはずです。

 

彼女の英語の発音を聞いて、

またスイスイ英検の問題を解いている彼女に、

英語力のポテンシャルを実感しました。

 

彼女の英語は、学校英語の領域ではなく、英語そのものを獲得できる能力が眠っている。

 

それではと思い、英検講座では、なるべく英語で話しかけるようにしようと決めました。

 

そうすると、初めは戸惑った彼女でしたが、次第に慣れてきたのか、英語で返答し始めました。

人はいい意味で、環境に慣れるものですね。

 

普段の塾の学習では、英語の発音なんてさせていませんから、彼女の英語の発音には驚かされました。

 

やってみないと分からない

人の能力、ポテンシャルは、どこにあるのか。

それは、誰にもわかりません。

 

では、その誰にもわからない自分の能力、ポテンシャルをどうやって引き出すのでしょうか。

 

人は、習慣というもので、毎日を過ごしています。

 

習慣は、慣れ浸しんだ思考、行動です。

 

その習慣の枠内で、私達は生活をしていると言っても過言ではありません。

 

眠っている能力と習慣は関係がありそうです。

 

習慣を少しでも変えてみる。そうすることは、これまでのやり方が変わると思うのです。

 

例えば、いつも通っている道を変えてみる。

そうすると、これまで見たことのない景色がある。

見たことのない建物、人、掲示板など。

 

習慣になっていることで、変化を与えてみること。

それが自分の眠っている能力へアクセスできる方法であると思えてなりません。

 

習い事などは、とてもいいことだと思います。

自分の興味関心があることをやってみることから、自分の中に眠っている能力を呼び出すいい機会でしょう。

 

さらには、自分には興味も関心も無かったことをやってみることが、眠っている能力へアクセスできるチャンスであるでしょう。

自分の眠っている能力へアクセスしてみませんか。

 

無料体験ご案内 >>

小学生 >>

中学生 >>

土曜英検講座 >>

不登校支援学習 >>

塾生の進路 >>

英検2次面接試験の対策 >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました