英語のここが分からないここが知りたいmanyとmuch

英語のmanyとmuchの違いって?

英語のここが分からないここが知りたいmanyとmuchの違いって?

 

中学英語から出てくるmanyとmuchは、「多く」という意味です。

しかし、両者は英語で使い方が違うのです。

 

manyの基本的な使い方

 

目に見える物を、「数えられる名詞」といいます。

 

(例)車、ペン、机、コップ、パソコン、その他たくさん。

 

基本は、上に挙げた目に見える物「数えられる名詞」とともに使われます。

 

(例)many cars,  many pens,  many desks,  many cups,  many computers,  etc

 

 

muchの基本的な使い方

 

目に見えるが、数えることができない物を、「数えられない名詞」といいます。

 

(例)液体、空気、砂、愛などの感情、※お金、など。

 

基本は、液体を考えてみるといいでしょう。液体は1つ、2つとは数えられないですね。

 

(例)much milk,  much air,  much sand,  much love,  etc

 

 

英語のここが分からないここが知りたいでした。

 

Good luck!

 

土曜英検講座ものぞいてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました