沖縄県の子どもがいるご家庭で低所得であるならやったほうがいい申請

教育情報

沖縄県の子どもがいるご家庭で低所得であるならやったほうがいい申請

これまでの収入源が急激に減った、低所得で生活が厳しくなったらやったほうがいい申請は?

 

低所得になったら、毎年の確定申告はちゃんとやってるほうがいい

沖縄県は全国にくらべ所得が低いです。

生活を保護・支援する社会制度を知っておくことはとても大切です。

また、母子、父子家庭の場合、お子さんの養育費がどんどんかかるので必要な社会制度を申告したほうがいいです。

 

住民税非課税世帯の認定には住民税の確定申告が必要

確定申告書は、納める税金が発生しなければ申告不要です。

しかし、住民税非課税世帯の所得金額は確定申告書の内容で判断します。

そのため、住民税の確定申告書を提出しないと、住民税非課税世帯と認められませんので、住民税の申告書の手続きは必要です。

なお、税務署は地方自治体に申告のデータを送りますので、税務署に確定申告書を提出した場合には住民税の申告手続きをあらためて行う必要はありません。

参考:https://www.google.com/amp/s/manetatsu.com/2019/10/211917/%3famp=1

 

確定申告で低所得であるという証明になる

確定申告と所得税申告で、非課税世帯になります。

あるいは準要保護となります。

 

就学援助(準要保護)

教育基本法第3条では、教育の機会均等のために、国及び地方公共団体が、経済的に就学困難である者に就学の方法を講じることを定めていると言えます。

そして、学校教育法第25条では、経済的に就学困難である者に、市町村が必要な援助をしなければならないとしています。

「就学困難な児童及び生徒に係る就学援助についての国の援助に関する法律」で、国も市町村に経費を補助します。

このような仕組みで、小中学生への就学奨励の方策が実施されています。

まずは、就学援助の対象(準要保護)の認定が必要です。

そして、学用品費、通学費、修学旅行費、学校給食費、医療費、日本スポーツ振興センター(旧・日本体育・学校健康センター)共済掛金などが援助されます。

市町村教委が事務を行います。

参考:https://sg2takaboo.exblog.jp/24898262/

 

【ひとり親家庭:母子家庭・父子家庭などの場合】

<児童扶養手当>

次のいずれかの状態にある18歳(18歳到達した年度末日)までの児童のいる家庭で児童を監護または養育している人に支給されます。ただし、公的年金を受けることができる方、児童が里親に委託されている方、事実婚関係にある方、等には支給されません。また、この制度には所得制限があります。

<支給要件>

1.父母が婚姻を解消した児童

2.父又は母が死亡した児童

3.父又は母が重度の障害にある児童

4.父又は母の生死が明らかでない児童

5.父又は母から1年以上遺棄されている児童

6.父又は母が1年以上拘禁されている児童

7.母が婚姻しないで生まれた児童

8.父・母ともに不明である児童

以上、いずれも市町村役場・役所の担当窓口で、お確かめください。

参考:https://sg2takaboo.exblog.jp/24898262/

 

沖縄県の所得は全国で比べると低いです。

生活を保護する社会制度を知って、必要な申告をしましょう。

 

低所得でお子さんを塾に通わせたい場合どうすればいいか

準要保護・非課税世帯には、市町村から対象児童の学習支援の一環として、無料の塾などの案内通知があります。

市町村が案内する無料塾のメリット

無料なので、まず出費がないことが最大の利点です。

テキストの無料支給があるかどうかは問合せてみましょう。

少人数なので勉強に集中ができるなど。

 

市町村が案内する無料の塾のデメリット

場所が家の近くにない場合が多い。

塾の先生の教え方が合わない場合、塾を変えることが困難など。

 

以上、家庭の経済事情に応じて社会制度を必要なだけ(市町村役場で聞くことも大事)申請することをおすすめします。

 

 

無料体験ご案内 >>

小学生 >>

中学生 >>

土曜英検講座 >>

不登校支援学習 >>

塾生の進路 >>

英検2次面接試験の対策 >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました