沖縄県小学校臨時休校から再開

沖縄県小学校臨時休校から再開

 

沖縄県沖縄市は11日午後までに、新型コロナウイルスにより臨時休校としていた市立の小中学校について、休校期間を短縮し、16日から再開することを決めた。同日から給食の提供も再開するが、食材調達などの関係で、軽食での提供となる。部活動の解禁は、春休み期間からとなる。

沖縄市など10市町村でつくる中頭地区市町村教育長会は10日、臨時の教育長会議を開き、16日再開を軸に各市町村で協議する方針を決めていた。「沖縄タイムス

豊見城市は10日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休校にしていた市内八つの小学校、三つの中学校を再開した。市は3~9日を臨時休校にしており、再開は8日ぶり。休校措置を取る県内市町村で最も早い学校再開となった。「沖縄タイムス

 

コロナ疲れとは

コロナ疲れという言葉が出始めた。

#コロナ疲れ がTwitterでも見れる。

新型コロナウイルスの感染が拡大し、いつ収束するのか先が見えない今、ウイルスをおさえ込むことが大事だと分かっていても、いつまでこんな生活が続くんだろうとストレスがたまり、疲れ切っている人も多いのではないでしょうか。
大変だと伝えられている現場で起きている出来事。
中にはうるっとくる話もありました。「NHKコロナ疲れ大丈夫?

 

学校再開は堅実か?

学校再開の中、政府が「緊急事態宣言」を発信するニュースが飛んでいる。

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大に備え、「緊急事態宣言」を可能にする法案は、衆議院内閣委員会で11日、審議入りし、質疑と採決が行われた結果、自民・公明両党や、立憲民主党などの賛成多数で可決されました。

新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した場合に備え、総理大臣が「緊急事態宣言」を行い、都道府県知事が外出の自粛や学校の休校などの要請や指示を行うことを可能にするための法案は11日、衆議院内閣委員会で審議入りし、質疑が行われました。

参考:NHK「緊急事態宣言」可能にする法案 衆院内閣委で可決

コメント

タイトルとURLをコピーしました